メロン

メロンの水耕栽培に挑戦!開花~受粉編

毎朝、時間を忘れてメロンを眺めているしょっしょです。
よく仕事に遅れそうになります。(笑)

メロンの実を付ける位置はどこ?

日に日に子づるが伸びてきました。

美味しいメロンを育てるには、メロンの実を付ける(着果)位置が重要になります。

メロンは、子づるの11節~15節の間に実を付けるのがいいと言われています。
理由はいろいろあるのですが、特によく耳にするのがメロンの形と甘さです。

1節に近いほど横長(扁平)で甘いメロンになり、節が増えるにつれて細長くて甘くないメロンになります。
ちょうど11節~15節の間にできるのが丸くて甘いメロンになるため、11節~15節に着果させるのがいいと言われています。

着果させる前(10節まで)に咲いた花は取り除く

つぼみを発見!

せっかくのつぼみですが、花を咲かすことに栄養を使わないようにするため、10節までのつぼみは全て取ってしまいます。

雌花も同様に10節までは全て取りましょう。

・雌花の除去前

・雌花の除去後

美味しいメロンを作るためには、こまめな管理が必要になります。

その分、メロンに愛着が湧いてきますよ。

雄花と雌花の見分け方

雄花(おばな)

 

雄花は、花(花弁)おしべ(花粉が多い)がく片(緑色の花を包んでいる部分)からできています。

雄花はほっといてもどんどん咲きます。

雌花(めばな)

 

雌花は、花(花弁)めしべおしべ(花粉が少ない)がく片(緑色の花を包んでいる部分)子房(緑色の膨らんだ部分=メロンになる)からできています。

雌花の咲く場所は、親づるの1本仕立ての場合は6~7節あたりから出る子づるの第1節に咲きます。
子づる仕立ての場合は、孫づるの第1節に咲きます。

人工授粉のやり方

咲いたばかりの雄花を選んで取ります。

メロンの雄花は1日しか咲かず、咲いてから時間が経つと、花粉の量が減ってしまい受粉しにくくなります。

周りの花びらを慎重に取っていきます。

雑に取ってしまうと、おしべが切れてしまったり、花粉が落ちてしまうので注意しましょう。

花びらを全部取り、おしべが出たら、雌花のめしべに優しく触れさせます。

おしべを回しながらめしべに触れさせると、花粉がつきやすいです。

受粉が終わると2~3日程で子房が一気に大きくなります。

上手く受粉できなかったのは、小さいまま黄色くなってしまいました。

上手くいかなかった果房は取り除いて、上手く受粉した果房にだけ栄養が行くようにしましょう。

まとめ

・着果する前の余分な花は全て取り除く

・11節~15節に着果させると、甘くて形のいいメロンになる

・雄花と雌花の見分け方は、子房のふくらみで判断できる

・おいしいメロンを育てるには、こまめな管理が必要

 

次の記事はこちら↓↓↓
メロンの水耕栽培に挑戦!メロンの肥大化編

ABOUT ME
しょっしょ
ガジェット好きな30代のおっさんです。 3人娘(6歳、4歳、2歳)のパパで、娘たちに振り回されながらも、日々子育てに奮闘しています。 家庭菜園にハマっていて、特にメロン栽培に夢中。 ガジェット好きの家庭菜園をテーマにブログを書いています。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA