メロン

【失敗談】葉焼けしたメロンは復活するのか?

5月上旬の朝、メロンを育てているハウスをいつもより2時間遅れて開けるという大失敗をししまいました。

ハウスに行ってみると、そこにはメロンたちが無残にも暑さで干からび状態になっていました。

いわゆる「葉焼け」をしてしまったのです。

ハウス内の温度が上がり過ぎた状態が長く続いたのが原因でしょう。

メロンを栽培するにあたって、ハウスを開け遅れるという絶対にやってはいけないミスですが、今さら時間を戻せるわけもありません

そこで今回は、葉焼けしたメロンをそのまま育てて復活させることができるのか試してみることにしました。

葉焼けとは

『葉焼け』とは、人間でいう「日焼け」のようなもので、直射日光や高温などで葉の表面が熱くなりすぎると起こる症状です。

葉焼けしてしまうと、葉の色が緑色でなくなり茶色に枯れてしまいます。

葉焼けしてしまった葉は、残念ながら通常の緑色に戻ることはありません。

葉焼けしたメロンの葉

葉焼けした直後の状態です。

葉の緑色が薄くなりシワシワに干からびたようになっています。

3日後

葉の色が薄くなってシワシワになっていた部分が、茶色くなって枯れてきてしまいました。

生長点にある葉はなんとか大丈夫だったので、これから復活するように育てていきます。

1週間後

干からびた葉は茶色くパリパリになり、枯れてしまいました。

それでも、新しく出てきた葉がしっかり成長してきています。

2週間後

だいぶ成長してきました。

葉焼けしたときはこのまま枯れてしまうのではないかと思っていましたが、植物の生命力の凄さを感じました。

3週間後

無事に復活しました!

他のメロンに追いつくほどに成長しました。

あとは美味しいメロンができれば・・・

1か月後

1か月後には他のメロンと変わらない大きさに成長しました。

雌花もしっかり咲いて受粉作業に入りました。

葉焼けしても諦めずに育てて良かった!

まとめ

失敗して葉焼けしたとしても、生長点が無事であれば新しい葉が出てきてちゃんと成長しました。

それでも、葉焼けはさせない方がもちろん良いので、暑い日は日除けなどの対策をとりしっかり管理しましょう。

ABOUT ME
しょっしょ
ガジェット好きな30代のおっさんです。 3人娘(6歳、4歳、2歳)のパパで、娘たちに振り回されながらも、日々子育てに奮闘しています。 家庭菜園にハマっていて、特にメロン栽培に夢中。 ガジェット好きの家庭菜園をテーマにブログを書いています。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA