メロンの育て方

メロンの水耕栽培に挑戦!メロンの摘果編

こんにちは、猛暑にやられてインドア派になっているしょっしょです。

それにしても、暑い!暑すぎる!
今年の夏は異常だ!
この暑さが毎年続くようになったら嫌だあああああああ!!

それでも暑さに負けず、メロンは順調に育っています。

前回の記事はこちら↓↓↓

メロンの水耕栽培に挑戦!開花〜受粉編

全部のメロンが可愛すぎて、どのメロンを残すかすごく迷う!

卵ぐらいの大きさになったメロンさん。

もっと大きくなってもらうために、他のメロンを摘果する必要があります。

育ちが遅く、小さくて形の悪いメロンを摘果します。

でも、これがすごく迷うんです。

今まで大切に育ててきたメロン達はみんな可愛いんです。

できることなら全部大きくしてあげたい!

でも、甘くて美味しいメロンを作るためには、1つの実に栄養を集中する必要があります。

ここは心を鬼にして摘果しました。

摘果前

摘果後

ちなみに、摘果するメロンは、「細長いメロン」と「まん丸のメロン」です。

メロンは成長していくにつれて、縦よりも横に大きくなっていきます。

そのため、細長いメロンは、成長すると長いメロンになってしまいます。

逆に、まん丸のメロンは、成長するとずんぐりむっくりな扁平型のメロンになってしまいます。

摘果するときは、楕円形のメロンを残すと、成長した時にまん丸の美味しそうな見た目のメロンになるので覚えておきましょう。

一般的な摘果の目安はいつ?

先程までは、個人的な摘果状況を書きましたが、ここでは一般的に言われている摘果の目安を教えたいと思います。

メロンは、受粉から10日〜15日が最も大きくなります。

その前の7日〜10日が卵ぐらいの大きさになる時期なので、摘果作業をする目安です。

10節までの実は、成長すると扁平で小さいメロンになってしまうので、全部の実を摘果します。

さらに、16節より上の実は、大きいメロンにはなるけど長細くなる傾向があるので、16節より上の実も全て摘果しましょう。

残すのは、11節〜15節の実にするのがベストです。
その中から、残す実を1つ選んで甘くて美味しいメロンに育てていきます。

まとめ

・甘くて美味しいメロンを作るためには摘果が必要

・摘果するときは心を鬼にする

・11節〜15節に付いたメロンだけを残す

・楕円形のメロンを残す

 

摘果後のメロン栽培についての記事はこちら↓↓

メロンの水耕栽培に挑戦!メロンの肥大化編

摘果したメロンを食べてみた記事はこちら↓↓

摘果したメロンを超簡単な作り方で漬け物にしてみた

ABOUT ME
しょっしょ
ガジェット好きな30代のおっさんです。 3人娘(6歳、4歳、2歳)のパパで、娘たちに振り回されながらも、日々子育てに奮闘しています。 家庭菜園にハマっていて、特にメロン栽培に夢中。 ガジェット好きの家庭菜園をテーマにブログを書いています。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA