Apple Watchは本当に必要?6か月間毎日使い続けた感想まとめ

スマートウォッチが欲しい!

でも、かなりの種類がある中で何が一番いいんだろう?

迷いに迷った結果、スマートウォッチの王道と言える「Apple Watch(アップルウォッチ)」を購入することに決めました。

買うことにしたのはいいのですが・・・

妻から「何に使うの?本当に必要?」

と言われたのを今でも覚えています。

それでも、なんとか説得して購入しました。

今回、僕と同じように「どうしてもApple Watchが必要なんだ!」ということを説明しようとしてる人の参考になるように、購入してから6か月間毎日使い続けた感想をこの記事で書いていきたいと思います

目次

生活スタイル

まず、人それぞれの生活スタイルがある中で、全ての人にApple Watchが必要とは言えません。

私の生活スタイルに近い人にはぜひApple Watchを使ってみてほしいので、私生活をちょっと公開します。

  • 田舎暮らしのため、基本は車生活
  • 電車は全く乗らない
  • 妻と子供3人の5人暮らし
  • 仕事は事務系のサラリーマン
  • 職場まで車で20分
  • 趣味は家庭菜園
  • Apple製品が好き

なぜスマートウォッチが欲しかったのか

普段、畑で作業するときは車にスマホを置いたままにしています。

ポケットに入れてると汗でビショビショに濡れてしまうので。

そのため、電話に気が付かないことが多く、「スマートウォッチの通知機能が欲しいなぁ。」なんて思っていました。

他にも、休日には子供たちとなるべく遊んで過ごすように心がけているのですが、ついついスマホを見てしまう自分がいることに気が付きました。

「子供との大事な時間なんだから、なるべくスマホを触らないようにしたい!」

そう思って、通知機能のあるスマートウォッチに魅力を感じるようになりました。

購入したApple Watch

私が購入したのは『Apple Watch5』です。

40mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド(レギュラー)を購入しました。

Apple Watchは大きい方がいいの?

Apple Watchを買うと決めてから本当に悩みました。

何を悩んだかというと、大きさです。

私が購入したApple Watch5には40mmモデルと44mmモデルがありました。

迷った末に私が買ったのは、40mmモデルです。

40mmモデルと44mmモデルは何が違うのか?

40mmモデルと44mmモデルでは何が違うのか。

ざっくり紹介します。

44mmモデルの特長
  • 大きい
  • 画面が見やすい
  • 操作がしやすい
  • 着けたときのインパクトがある

44mmモデルは画面が大きく、周りから注目されるのでガジェット好きにおすすめです。

40mmモデル特長
  • おしゃれ感がありファッションに合わせやすい
  • 画面は少し小さい
  • 操作は気にならない
  • 小さくて邪魔にならない

40mmモデルは邪魔にならない大きさなので、寝る時や運動する時もずっと着けていたい人におすすめです。

私の場合、日常生活でずっと着けていると壁や机とかに時計をぶつけてしまうことが多々あります。

40mmのサイズでもぶつけてしまうので、大きい44mmだったらどうなってたことか・・・(笑)

Apple Watchと一緒に買ったもの

スマホを新しく買ったときにケースや画面保護シールを一緒に買うことがあると思いますが、Apple Watchを購入した時も同じと思っていいです。

保護シート

保護シートは画面の傷を守ってくれるので必須だと思います。

画面だけでなく本体の傷も防ぎたい場合は、保護ケースも売っています。

保護ケースはせっかくのApple Watchのスマートさがなくなってしまうと思ったので買いませんでした。

後ほど出てくるメリットに書いていますが、Apple Watchにはバンドだけでなくケースや充電器などの周辺機器やアクセサリーが豊富に揃っています。

保護ケースもかなりの種類があるので、お気に入りを探してみるのもありだと思いますよ。

充電器

iPhoneApple Watchが一緒に充電できるものを探していて見つけたのが、この充電器でした。

iPhoneApple Watchだけでなく、AirPodsまで一緒に充電できるApple好きにはたまらない充電器です。

見た目もなかなかオシャレで、折りたたみも出来るので持ち運びもできます。

ワイヤレスイヤホン

ワイヤレスイヤホンはApple Watchとの相性バッチリ!

購入したのはAnkerのワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty Air2」です。

私はAnker製品のコスパの良さが好きなので、1万円前後のを選んで使っています。

使ってみて分かったメリット・デメリット

実際に使ってみると、買う前には分からなかったメリットやデメリットが見えてきました。

デメリット

毎日充電が必要

やっぱりなんと言っても、充電ですね。

私の場合、毎日充電しています。

基本的にはスマホがすぐそばにある時と、お風呂に入る時にはApple Watchを充電しています。

それ以外の時はずっとApple Watchを着けて生活してしまいます。

値段が高い

スマートウォッチの種類はたくさんあり、その中でもApple Watchはなかなかの値段がします。

使い方次第でその値段が高いか低いかは変わって来るでしょう。

僕の場合、買う前は「Apple Watchって高いな〜」って思っていましたが、今となっては「値段は高いけど、それ以上の価値がある!」と確信しています。

今は安いApple Watchも販売されているので、一度安い方を買ってみて、自分に必要か試してみるのもいいと思います。

スポーツバンドは腕が臭くなる

これは人それぞれだと思います。

私の場合、汗かきの体質せいなのか、一日中スポーツバンドのApple Watchを着けていると腕が臭くなります(泣)

バンドをスポーツバンドではなく、ミラネーゼループバンドに替えたら臭くならなくなりました。

スポーツバンドは丸洗いできるので、臭くなっても毎日清潔に保つことはできます。

私はミラネーゼループバンドを普段使いにして、運動や畑作業などの汗で汚れる時はスポーツバンドに替えて終わった後に洗うように使い分けるようにしていますよ。

メリット

とにかくお洒落

スマートウォッチはだんだん普及してきていて、仕事中でも違和感が無くなってきていると思います。

後ほど書きますが、Apple Watchはバンドや画面の種類が多く、服装や場所に合せて変えることができるので、おしゃれのワンポイントとして使うことができます。

それだけでなく、Apple Watch自体の洗礼されたフォルムが最高です。

毎日着ける時に、きっとテンションが上がると思いますよ。

Apple Watchはバンドの種類が豊富

Apple Watchを持っているだけで、数種類の腕時計を持っているのと同じと言ってもいいと思います。

販売されているバンドの種類が本当に多く、取り替えらが簡単にできるので、服装や場所に合わせた腕時計にできます。

自分の好きなバンドを探すのも楽しいですし、その日の気分に合せて付け替えできるのもApple Watchの良いところです。

Apple Watchで音楽を聴く

Apple Watchはスマホで音楽を聴いている時にはリモコン代わりになるのですが、実はスマホが無くてもApple Watchだけで音楽を聴くことができます。

事前にApple Watchに音楽を入れておくことで、スマホから離れている状態でも音楽を聴けるので本当に便利です。

電話やメールなどの通知が受け取れて、簡単な返信もできる

私の場合、LINEのアプリで連絡を取ることが多いので、仕事関係と家族からの連絡があった場合に通知を受け取れるように設定しています。

受け取る通知が多いとApple Watchの振動が邪魔になってしまうので、受け取る通知は最小限に絞っておくことをおすすめします。

毎年新しいApple Watchが発売される

これは人によってメリットにもデメリットにもなると思いますが、Apple Watchは毎年新しいシリーズが発売されます。

2020年9月にはAppleWatchSEとAppleWatch6 が発売されました。

最新機種はもちろん魅力的なのですが、値段の安い機種を選ぶこともできます。

いわゆる型落ちみたいなものですが、1年前に発売されたApple Watchでも性能は十分です。

初めてスマートウォッチを購入するなら、まずは安いApple Watchを買ってみて、自分に合っていれば次は最新機種を買うといった方法もありなんじゃないかなと思います。

まとめ

ここまで、Apple Watchを毎日使い続けた感想を書いてきました。

Apple Watchは値段が高いですが、それ以上の価値があることが伝わってくれたら嬉しいです!

今までは、スマホで時間を確認するついでにネットニュースを見たり、ちょっとSNSを見たりしてしまうことがありました。

スマホを使っていると、知らないうちに時間が経っているなんてことありませんか?

Apple Watchを着け始めてからは、余計なネットサーフィンが少なくなり、スマホを見る時間が減りました。

自分の時間を大切にしたい、家族との時間を大切にしたい人にはApple Watchが本当におすすめですよ!

本当にApple Watchが必要か迷っているなら、最初から最新機種を買うのではなく、まずは値段の安いApple Watchを買って試してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ガジェット好きな30代のおっさんです。
3人娘(7歳、5歳、3歳)のパパで、娘たちに振り回されながらも、日々子育てに奮闘しています。
家庭菜園にハマっていて、特にメロン栽培に夢中。
ガジェット好きの家庭菜園をテーマにブログを書いています。

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる